転職のための面接対策に...と自分の面接をビデオ録画してみたんだが

user-pic
0
転職するときってやっぱり面接対策しますよね。
特に私の場合、結構あがり症なところがあるんで、もうおまじないとかしまくるんですよ(笑)
緊張しない。緊張しない。私は断じて緊張してない...みたいな(笑)
それでもやっぱり緊張はしちゃうから、ならせっかくだし、自分が面接のときどんな感じなのか知ってみよう!と思い立ってやったのが...。
面接の録画。
といっても本当の面接じゃなくて、友達に面接官役を頼んでの模擬面接だけどね。
そのときにどんな答え方をしてるのか、顔や目の動き、声の調子はどうなのか...それを知っておくだけでも、悪いクセとか客観的にわかるし、それをしないようにってすれば面接だって受かるかもしれないし!
友達は昔バイトではあったけど面接官をしたことがある人だったから、もう本物さながらで...。
と、いうことで録画をしてみたんだが...。

ひっでぇ(笑)
なんかもう顔はひきつってるし、目は泳いでるし、なんとなく挙動不審だしでもうなんかこれ受かる気しないっていうレベルだったという(笑)
っていうかよくこんな面接態度で今働いてるとこ受かったな私よ!(笑)
友達からも「これは直すところがいっぱいだな!」って笑顔で言われて...結構絶望(笑)
でもそのあとに友達から言われた言葉がちょっと嬉しかった。

「どんなにキョドってても声が上ずってても目が泳いでいてもいい。ただ、そこで働きたいっていう熱意とか、あとはその人の誠実さとかが伝われば悪い印象なんてそうそう持たれない。それに緊張してるが故にやっちゃう珍回答とかで笑っちゃうと案外面接官ってこの子いいかもって思うもんだよ」

実際に面接官をやっていたからか、その言葉に重みがあって...ちょっとだけだけど自分に自信が持てたような気がしました。
みなさんももし転職活動するってなったら、一度模擬面接でもいいからぜひとも録画して自分のクセを見つけてみてください。
「あれ?こんなクセあったのか」って再確認して悪い印象を持たれないようにできるかもしれませんよ。

私の叔父の子供はPHPプログラマーで今東京での転職苦戦しているそうなんですが
まあ上記のような対策はした方がいいんでしょうねえ。少しでも可能性が上がるなら絶対やった方がいいですよね。

このブログ記事について

このページは、しのぶが2013年10月30日 17:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遅めの夏休みで」です。

次のブログ記事は「この際ぶっちゃけますが!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク

  • Google
  •        
  • 薬剤師の転職の事ならエージェントにお任せ!薬剤師を募集している医療機関の紹介から面接の対策、履歴書の添削など、あらゆる面でサポートしてくれます。コチラではそんな転職エージェントを比較しているサイトです。ぜひ一度ご覧ください。姉妹サイトとしてコチラも推奨しています。
  •        
  • 多くの外国人さんと触れ合いたいとお考えの薬剤師さんに今人気なのが、空港内の薬剤師求人です。語学力を磨ける職場も多いようです。